WEBサイト

CMSは何を選ぶか?

CMSは今では、WEBサイト構築の標準手段になりました。ふと振り返ると、逆にCMSを使わない、いわゆる静的なWEBサイトでの構築は弊社のプロジェクトでもほとんどありません。(ランディングページや期間限定のキャンペーンサイトなどは別として)

CMSの種類も数十種類以上の選択肢があり、導入する側としては、どれが自社のサイトに適しているかの選定に迷う場面も多いのかと思います。

この記事では、日本国内での中小規模のサイトでは圧倒的に導入数が多いであろう、代表的なCMSであるMovable TypeとWordPressについて比較しながら、現実的な視点からCMSを考察します。

Movable Type(シックス・アパート株式会社)

  • 価格:有料
  • インストール型
  • サポートあり
  • アップデート難易度:専門家対応必要

国産CMSとして、問い合わせ先がありサポートも厚い点が、利用していて、まず安心感があります。

MTタグという専用のタグを利用する必要があるなど、構築に関しては、WEB制作会社などの専門会社が必要ですが、このタグを利用することによりPHPやSQLなどのプログラムを直接記述する必要がないためセキュリティ面は高く安定稼働につながります。

バージョンアップやセキュリティアップデートの際は、該当ファイルをごそっとサーバサイドで入れ替える必要があるなど、難易度は高くなります。

Movable Type.net(シックス・アパート株式会社)

  • 価格:有料
  • SaaS型
  • サポートあり
  • アップデート難易度:自動更新のため不要

Movable TypeのSaas版。サーバと一体化しているため、バージョンアップやセキュリティアップデートはシックスアパート側で行い、運用側で気を遣う必要がありません。これだけでも、何かとセキュリティ面が気になるCMSとしては優れものであると言えます。

さらにデザインテンプレートが豊富で適用も簡単にできるため、細かいところはあまり気にせず、手っ取り早くサイトを立ち上げたいという場合は、WEB構築の知識が無い方でもサイト構築が容易にできます。

また、続々と新機能の追加やバージョンアップがされているため、今後はこちらが主力になっていくだろうと予感させます。CMS利用料とサーバ利用料を含んだ価格体系であるため割安感もあります。

WordPress(オープンソース)

  • 価格:無料
  • インストール型
  • サポートなし
  • アップデート難易度:ボタン一つで簡単だが、不測の事象が発生する可能性あり

中小規模のサイトではスタンダードともいえるオープンソースCMS。提案する側も利用する側も「無料ですから」という殺し文句で採用するパターンも多いのではないかと思います(人間は無料に弱い)。

オープンソースであるため、機能追加はプラグインを適用するだけで実現できるなど、インストール型のCMSでは手軽感は一番とも言えます。またデザインテンプレートは星の数ほど提供されているため、こちらも手早くサイト構築するための機能が揃っています。

当然ながらサーバの準備は別途必要ですが、多くのサーバ会社で、WordPressを簡単にインストールできる機能が標準装備されているため、サーバを契約すると、もれなく付いてくるCMSとも言えます。

一方でオープンソースであるがためのデメリットも、利用にあたっては把握しておく必要があります。
・公式なお問い合わせ先はない
・バージョンアップ、プラングイン利用は自己責任
・セキュリティ保持のための対策をしておく必要がある
といったことです。

公式なお問い合わせ先はない

オープンソースなので当然ですが、何かの際の問い合わせ先はありません。WordPressに慣れている(トライ&エラーの経験がある)制作会社に問い合わせる必要があります。

バージョンアップ、プラングイン利用は自己責任

WordPressは不定期にバージョンアップを行いますが、安易にバージョンアップすると新しいバージョンに対応していないプラグインが動作しなくなったり、予期せぬ事象が起きる場合があるため、非常に気を遣います。

これはバージョンアップしてみないと分からないというコワさがあるため、もしバージョンアップの際は、その後、即時全体検証を行い、万一の際は改修や、最悪もとに戻す・・・という必要があり労力がかかります。

プラグインも、世界のだれかが開発したプログラムですので、利用した結果どのような事象が発生するかは予期できません。そのプラグインの口コミと、どれくらいのWordPressにインストールされているかの数は公開されているため、その多さを信用のバロメーターにすることとなります。

セキュリティ保持のための対策をしておく必要がある

WordPressは、セキュリティが弱いということが、よく聞かれますが、これもオープンソースですべてのプログラムコードが公開されているため、悪さもしやすいということになります。

そのため、もう少し正確に言うと、何も対策をしなければ弱いということです。対策手法は多々ありますので、それをきっちり実行しているかどうかが鍵となります。これは一例ですが、ID、パスワードを入力してログインする管理画面にアクセスする前に、さらにBasic認証をかけておく、といったことです。

結論

結論としては、現状、中小規模の新規サイト構築の場合は、サーバサイドに気を遣う必要がないMovable Type.netが有力であるといえます。サーバサイドやセキュリティ面は、専門知識が必要な場面がでてくるなど、外注コストもかかりますので、それが一切なくなるということは構築の際の負担も軽減し、大きなメリットであると言えます。