SEO

SEOの内部対策

SEO施策における内部対策は、しっかりとオリジナリティがあるコンテンツを作成しているという前提で、Googleに機械的にそのサイト全体やページを認識してもらうための取り組みです。そのためGoogoleが公表しているルールに従って実施していくことが必要です。内部対策の概要をピックアップします。

ただしこの対策を実施したからといって、劇的に評価が高まることを期待してはいけません。評価の基準はあくまで、コンテンツ内容にあります。コンテンツ内容が良質であり、かつこれらの内部施策でサポートすることにより総合的な評価を高めることが狙いとなります。

各ページに「固有」の正確なタイトルを付ける

重複したタイトル(meta title)やディスクリプション(meta description)が無いかをチェックしましょう。もしあれば、どちらかを変更します。1URLにつき1タイトル、1ディスクリプションが原則です。また似たような内容のページがあればどちらかを廃止するか、統合するということも検討します。

当然ながらタイトルは、ページ内容に合致している必要があります。

検索結果に適したタイトルとスニペットを作成する

スニペットは検索結果に表示されるテキストです。そのページを端的に表すタイトル(meta title)とディスクリプション(meta description)を各ページに設置します。

※上記に関しては、別記事で詳細を解説しています。
ディスクリプション(meta description)の文字数や書き方【SEO】
SEO効果を高めるタイトル(meta title)について

見出しタグを使用して重要なテキストを強調する。

H1,H2といった、大見出し、中見出しを文脈に沿って設置します。H1はページ内に複数あってもペナルティなどはありませんが、Googleとしては主題がわかりづらくなるデメリットがあるため、1ページにつき、1つのH1設定を推奨します。

構造化データマークアップを追加する。

構造化データをマークアップすることで、Googleがそのページの階層や位置づけを理解しやすくなり、検索結果に表示する情報を増やすことが可能です。検索順位のランキングには直接影響はないものの、ユーザーへのアピール力がアップすることにより、クリック率が増加の可能性が向上することから、間接的なSEO対策と言えます。

こちらの記事で詳しく説明をしています。

効果的なリンクテキストを記述する

サイト内の関連ページに相互リンクをすることでGoogleが認識し、サイト内を巡回しやすくなります。無暗にリンクさせるということではなく、同じカテゴリーなど関連性が強いページ同士を相互リンクさせます。

画像に「alt」属性(代替テキスト)を使用する

ソースコードの<img>タグに、 alt 属性が適切に指定されているかを確認しましょう。

地味ですが、画像を配置する際は、その画像を具体的に説明する alt 属性(代替テキスト)を入れることによって、検索エンジンのクローラが画像内容を把握できるようになり、画像検索で表示されやすくなります。また、音声読み上げソフト(モバイルにもあり)を使うユーザーに画像内容を伝えることができます。

ちなみに、矢印やマークなど直接的に意味をもたない画像には、わざわざ設置する必要はありません。alt=""と空でOKです。

画像のファイル名

Googleは画像のファイル名にも留意するようアナウンスしています。例えば、seo.pngは、img001-1.pngよりもGoogleに情報を与えることができます。これにより画像検索に対して有利になります。

サイトの階層を整理する

公開済みのサイトで、サイト構造を見直すのはページ数が多いサイトになればなるほど簡単ではありませんが、リニューアルなどのタイミングで検討する価値があります。サイト構造は極力シンプルがベストです。

「パンくずリスト」を使用する

ほとんどのサイトが実装しているかと思いますが、Googleがサイト構造を把握するための重要な機能です。

コンテンツの情報を伝えるわかりやすい URL

ファイル名、画像名、ディレクトリ名は、極力その内容を示す名称をつけることで、Googleがそのページの内容を認識するためのヒントになります。

例)SEOについてのページの場合、ファイル名はpost-01.html ではなく、seo.html にする。

ファイル名を変えた場合は、301リダイレクト(恒久的なリダイレクト)を設定します。

ただし、Googleにインデックスされ既に公開済みのサイトで、ある程度の検索順位になっている場合、URLを変えることで単純に順位が下落することがあります、その場合は回復までに数日~数週間かかる場合がありますので、公開済みのサイトでは要注意です。

そのため、現在ランキング圏外のページなど要対策が必要なページや、新規ページを公開する際の施策として実施することをおススメします。

サイトをモバイル フレンドリーにする

昨今のWEBサイトでは当たり前にレスポンシブページであるかと思います。さらに踏み込むともモバイル用サイトで、軽量化したユーザー負担に考慮したページが推奨されます。ページの読み込みスピードやパフォーマンスはGoogleが提供しているツールで計測でき改善点も教示してくれます。

常時SSL化~httpsサイトにする

サイトの常時SSL化はもはや常識ですが、ユーザーが安心して使える信頼のおけるコンテンツであることがGoogleの前提となっています。これはランキングを上げるためというより、常時SSL化は当たり前であり、そうではないサイトは、ユーザーの安全性に配慮していないとされ評価の対象にならない、ということになります。

ページの読み込み時間の短縮やユーザビリティを考慮する

Googleは2020年5月にCore Web Vitalsという指標を発表し、2021年以降ランキング要因にするとアナウンスしています。サイトの読み込み時間を極力短く、軽いページにして、ユーザー負担が少ない見やすいサイトが推奨されます。

関連ページ

出典

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド